ちんこを大きくする(ペニス増大)ためのメカニズムとは?

ちんこのサイズにお悩みの方でもペニス増大によって解消させることは可能です。ペニス増大には主に細胞を増殖する、細胞を増大する、血流を改善すると3つあります。 ペニスはスポンジ状になっている海綿体と呼ばれる組織で形成されています。性的な興奮があると血液が海綿体に流れ込み、たっぷり吸いこむことで勃起すると言うメカニズムになっています。
MENU

ちんこを大きくする(ペニス増大)ためのメカニズムとは?

ちんこのサイズにお悩みの方でもペニス増大によって解消させることは可能です。ペニス増大には主に細胞を増殖する、細胞を増大する、血流を改善すると3つあります。

 

ペニスはスポンジ状になっている海綿体と呼ばれる組織で形成されています。性的な興奮があると血液が海綿体に流れ込み、たっぷり吸いこむことで勃起すると言うメカニズムになっています。

 

海綿体は多くの細胞で形成されているので細胞を増殖させることでサイズアップが見込めます。細胞を増殖させるには成長ホルモンの分泌を活発化させるアミノ酸を体内に補給することが大切です。細胞を増大させることでもペニスのサイズアップが見込めます。

 

トレーニングなどで筋肉に負荷をかけると筋線維の一部分が切れるなどのダメージを受けます。その後に筋線維は修復されますが、以前より筋線維が少し強く太くなっています。

 

このことを超回復と呼んでいますが、これはペニスの細胞にも超回復により増大を狙うことが可能です。ペニスのトレーニングを行うことで細胞が増大し、サイズアップが期待できるのです。

 

トレーニングにはご本人の手で行う、男性器専用トレーニング器具を使用するの主に2つあります。ペニス専用トレーニング器具にはけん引するタイプとポンプで空気を吸引するタイプが一般的です。

 

どちらもペニスを傷つけないように無理なくトレーニングすることが大切です。ペニスサイズは海綿体に流れ込む血液の量が多いほうがサイズアップが見込めます。

 

何らかの原因で血行が悪いと勃起時のペニスサイズに悪影響がありますが、血流を良くすることで改善が期待できます。血管が収縮すると血行が悪くなりやすいので、血管拡張作用を持つアミノ酸を体内に補給することで対策が行えます。

 

成長ホルモンの分泌を活発化させるアミノ酸としてはアルギニンが良く知られています。血管拡張作用を持つアミノ酸としてはシトルリンが良く知られています。

 

アルギニンは鶏肉やマグロ、エビ、大豆、アーモンドなどの食材に多く含まれています。シトルリンはスイカやメロン、キュウリ、ヘチマなどの食材に多く含まれていますが、これらの食材からペニスの細胞増殖や血流改善を狙うには大量に召し上がらないといけないです。

 

中々食材からでは難しいのですが、ペニス増大サプリを使用すると手軽にアルギニンやシトルリンを体内に補給することが可能です。ペニス増大サプリで細胞増殖と血流改善、さらにペニスのトレーニングで細胞増大と2段構えの対策を行うとより効率的なお悩み解消が期待できます。

 

関連ページ

ペニス増大トレーニングをした方がいい3つの理由
自分のペニスに自信がない。このように悩んでいる男性は数多いです。よほど立派なもの持っている人でなければ、大抵の人は恥ずかしく、コンプレックスになっています。どうにかして自分のペニスサイズを大きくできないかなと思っている方は、ペニスサイズを大きくするトレーニングをおすすめします。
ペニス増大サプリの選び方で大事な4つのポイント
平均より小さい自分のペニスを、どうにかして大きくしたい・・・このように悩んでいる男性は、言葉には出さなくとも、かなり多くの数に上るといわれています。ペニスを大きくしようと思った時に、サポートをしてくれるのがペニス増大のサプリメントです。サプリメントといっても、一口には表現できないほど様々な種類があります。どのような種類のサプリメントを選んだらいいのでしょうか。その選び方の4つのポイントを見ていきましょう。
このページの先頭へ