【サイズに悩む男性のために】ペニス増大メカニズムと有効成分、大公開

自分のペニスサイズにまったく関心を持たない男性は、かなりの少数派と言っていいでしょう。そして、多くの男性が自分の息子(ペニス)サイズに関して悩みを抱えているのが実情です。ここでは、悩める男性のために、ペニスサイズを増大させるために有効な成分を紹介するとともに、そもそもどうやったらちんこのサイズを大きくすることができるのか、そのメカニズムについても説明します。
MENU

【サイズに悩む男性のために】ペニス増大メカニズムと有効成分、大公開

自分のペニスサイズにまったく関心を持たない男性は、かなりの少数派と言っていいでしょう。そして、多くの男性が自分の息子(ペニス)サイズに関して悩みを抱えているのが実情です。

 

ここでは、悩める男性のために、ペニスサイズを増大させるために有効な成分を紹介するとともに、そもそもどうやったらちんこのサイズを大きくすることができるのか、そのメカニズムについても説明します。

アルギニン

ペニスのサイズアップ効果が期待できる成分を、ここでは2種類紹介します。1つめは、アルギニン。アミノ酸の一種ですが、かなりネームバリューのあるアミノ酸ではないでしょうか。なんとなく「元気が出る成分」という印象を持っている男性も少なくないでしょう。そのイメージは、まちがっていません。

 

実は、この成分が男性器の勃起のメカニズムと密接にかかわり、ひいてはサイズ増大のメカニズムにも関係してくるのです。そもそも、どうしてペニスが勃起するのか。カギを握るのが「NO(一酸化窒素)」です。

 

NOが体内で放出されることによって、血管が拡張します。血管が拡張すれば当然血流量が増加、海綿体への血流量も激増しますから、その結果として、いわゆる勃起が起こるわけです。

 

海綿体に集まる血液量が増加すれば、その分だけ海綿体のボリュームがアップし、それを繰り返すことによって、サイズそのものの増大につながるというのが、つまりはペニスサイズ増大のメカニズムなのです。

 

ということはつまり、体内におけるNOの放出量を増やすことができれば、サイズアップが期待できるということ。ここに登場するのが、必須アミノ酸の「アルギニン」です。

 

アルギニンを摂取すると、体内でシトルリンというアミノ酸に変換されるのですが、その変換時に産出されるのが、NOなのです。一酸化窒素サイクルとよばれるこのメカニズムのおかげで、勃起力が高まり、ひいてはサイズ増大につながるというわけです。

 

 

また、アルギニンには男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進するという働きもありますので、男性にとって精力アップの効果も期待できます。ちなみに、アルギニンを豊富に含む食品としては、肉類や大豆、ナッツ類、エビ、牛乳、玄米、レーズンなどがあげられます。

 

オルニチン

そんな頼もしいアルギニンですが、実は「単体で摂取するより、オルニチンと一緒に摂取したほうが、効果を発揮できる」という特徴をもっています。ですから、アルギニンに特化したサプリよりも、オルニチンも配合したサプリの方が有効と考えていいでしょう。

 

オルニチンもアミノ酸の一種ですが、アルギニンとは兄弟のような関係にあると言われています。体内には「尿素回路」というメカニズムがあります。このメカニズムの中で、オルニチンはシトルリンに変化し、シトルリンがアルギニンに、さらにアルギニンがオルニチンに姿を変えるのです。

 

オルニチンを多く含む食品としては、何といってもシジミが有名でしょう。ほかにも、キハダマグロ、ヒラメ、ダダチャ豆、さらにチーズやパンなどに、多く含まれています。

 

このページの先頭へ